商品・サービス

メディアミックスによって各メディアのコンセプトを統一。

例えば新商品を広告展開する時に、メディアによって広告コンセプトやキャッチフレーズ、ビジュアルイメージがばらばらということは考えられませんし、放送局によって異なるコマーシャル映像が流れるということもありません。

これはその商品の強みやイメージをターゲットとなる人々の間に定着させるための基本的な広告展開です。

しかし、こうした基本が守られず、メディアごとに異なった表現やコンテンツが展開され、結局何を伝えたいかが分からないといったケースが良く見られます。

もちろん、それぞれのメディア特性を活かして戦略的に表現と内容を変化させることもありますが、どちらかと言えば場当たり的にメディアをつくり、印刷物・ web・映像と異なる制作会社に発注することで、会社全体として広告物の統一性が失われていることが多いのです。

私たちは印刷物からweb、映像までを社内で一貫制作しており、一つの目的に対してそれぞれの広告物に一貫したコンセプトを与えることで、より効果的に強みの訴求を行いブランドの定着を図っています。

また、それぞれに豊富な実績を持つ当社では、伝えたい情報を抽出加工し、もっとも最適な手法によって、設定したターゲットに対して伝達することを大切にしています。